久しぶりに英語喉をやってみる

上川一秋・ジーナジョージ著「英語喉50のメソッド」

何年か前に、VOZEさん主催の毎日英語喉をやる会(正式名称はもう少しかっこいい、けど忘れた)に参加して以来、ほったらかしにしてましたので、このたび、取り出してみました。やっぱりこの本、いけるかもしれないということで、昨日からですが、毎日練習に取り入れることにします。

やってよかった点
・リエゾンがやりやすくなりそう
・今までの読み方と英語喉を練習してからやった後のtimed readingでも差がないので、英語喉のほうがいいと思う。
 (今までの読み方だと、ピリオド無視して無理やり早くして読んでいた。)
・自分で言ってなんだが、英語っぽく聞こえる
・英語喉の後で日本語を話すと日本語に違和感を覚える(まあここの生活で日本語話す機会そんなにないから)

追伸:
 右側のリンク欄には7月下旬までに最低1件は掲載します。(たぶんクリックするだけでできそうなのだが、最初の一歩が相変わらず重い。)
スポンサーサイト
[ 2015/07/07 19:04 ] TOEIC | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する