ストレスいろいろ

最初に長く留学したのは、大学4年の時のアメリカ1年でした。大学2年の時に3週間行っていたところと同じところでしたが、新生活にはそれなりのストレスがありました。日常と違う生活なのだから当然です。

それで、当然今回もストレスはあることはあるのですが、全然疲れないです。理由考えてみました。日本の時のデスクワーク時のストレスは並大抵のものでなかったんだと感じています。

他の学生はIELTS(TOEFLの欧州版)の点数がある一定点ないと正規授業とれないと言っていますが、私は正規授業とることはありませんので、テスト対策する必要がなくストレスの要因が一つ減ります。また、4週間おきにある試験でも、いい点とっても悪い点とっても何にも生活に変化はありませんので、ストレスの要因がまた一つ減ります。といいますか、成績に関係ないので、ライティングの試験では間違いを恐れることなく積極的にどんどん書いちゃいますね。ライティングで時間が余ったら、文末に副詞をぶち込んだりしています。

働きながらわりと自由に生活させていただいていることに感謝するとともに、残り9カ月を全力で生活していくことにします。
スポンサーサイト
[ 2015/06/17 18:06 ] 国外の出来事 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する