第7回花田塾チャリティセミナー終了

今年も第7回花田塾チャリティセミナー終了しました。

東日本の震災が起こった年に第1回目が開催されましたので、今回が第7回ということは震災は6年前に
起こったことになります。

熊本でもそうですが、震災が起こったときは支援物資やボランティアがたくさん募るのですが、時間がたつと
同時に減少してしまうものです。

ということで、毎年1度でもこういうことを実施することは意義のあることだと思っています。

さて、今年ですが、去年度比で内容は易しくなりました。その証拠に、終了した後でも頭はまだ余裕でした。
ただ、今回は風邪をひいていましたのでのどの方がやばかったです。

各担当者ごとに学んだことをまとめてみました。
八島さん:頭に余裕スペースがあったうえで聞くことにより、余裕が生まれる
Tommyさん:本題とは違いますが、butとsoの違いはなるほどと思いました
パネルディスカッション:ほかの先生へのマイクの振り方
HBKさん:確かにパラグラフごとに何言っているのか別れば、文挿入問題は簡単そう
Rabbitさん:ポンポン出てくるところは4次元ポケットのようでした

来年も一応飛行機は事前に予約しておいて、あとは申し込み100人以内に入ったら参加します。
スポンサーサイト
[ 2017/04/30 19:58 ] TOEIC | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する