第217回 TOEIC講評

第217回TOEIC講評です。
Part4の図表問題にろ過装置がついているものです。Mount Fujiも出てきました
Part1 易(ハズレ選択肢は難しいが、答えを発見するのは簡単。12月に引き続きひざまついている)
Part2 普(距離のある応答が答えになることがあるということを知っていれば難しくはない)
Part3 難(早くはないが最初からムズイ)
Part4 難(早くはないが最初からムズイ)
Part5 普(試験前に見た単語が正解。けど別な選択肢を選ぶ)
Part6 普(特徴無し)
Part7SP 普(特徴無し)
Part7DP 普(特徴無し)
Part7TP 易(しかし間違える) ※しかし間違えると書いていなくても間違っています
3分余り。

Part1で机に肘ついている問題を見ていた時に、「クイズ100人に聞きました」の、司会者が関口メモを手に取りながら解答席に近づき、肘をついている光景を思い浮かべました(試験後)。

今回やられたのはこの単語。rain date。雨の降っている日ではありません。

予想間違え数は、0-1(?)-1(病院調理問題)-2(水槽問題他)-3(単語とinvolvingとaverage)ー1(?)ー4(同義語問題、雨の日、標識看板問題で1問、新しいカメラつかえねーの意図問題)
ということで、リスニング4ミス、リーディング8ミスとみています。
スポンサーサイト
[ 2017/01/30 07:38 ] TOEIC | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する