留学経験から

TOEICを200問解いているのですが、どうも文法の出来がよくない。38問は取りたいところ。どうしたらとれるようなるのか考えたところ、こういった経験を思い出しました。

あれは私が留学してた時の話。私の通ってたところはTOEFL(紙版)で530点取らないと授業料不徴収にはならないのに、留学前の3月時点の点数は510点でした。取れる保障のないまま5月に旅立ち、9月の正規授業開始までに点数に達しなければ、膨大な授業料を払ってまで交換留学するかはたまた帰国するかのどちらかでした。

特に対策をしないまま試験1週間前を迎え、このままだと点が取れない気がしてましたので、焦り始めました。その時に、大学院の方が私にバーノンのTOEFLの本をプレゼントしました。たぶん、急にやって伸びるのは文法だと決めてましたので、6月の試験前の1週間は文法だけやってました。わからない語句の意味を調べるまでもなくただひたすら解答の暗記です。最後には1問あたり5秒以内で解けるようになりました。何十回回したかわかりません。

それで迎えたTOEFL。結果は337点でした。文法が53から63に伸びていたことを覚えています。あとは伸びていませんでした。

ちなみに、7月に試しにもう一度受けたら53に戻っていまして、合計点もいつも通りの510点でした。

これを踏まえて、現在ある文法の本1000400問を極めることにしています。前回と違い、判らない単語の意味も確認していますし、解答根拠も考えています。そうすることで、即効的に上げた後でも、持続するのではないかと思っています。予定では37問くらいまではいくようになるのではないかと思っています。

とりあえず、この方針で12月末からやっています。私が受けるのは2月か3月ですが、その前に何回か模試解いてこのやり方が私に会っているのか確認してみます。
スポンサーサイト
[ 2016/01/10 17:03 ] TOEIC | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
天気やらTOEICやら、てきと~。

Ringo

Author:Ringo
自称地域版TOEICer(2015/06/06)かつ天気が好きな人
2015年7月11日、リンク先を追加し、とりあえず正式運用です。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -