2017年度第1回の英検結果

せっかくなので、TOEICのように英検も点数の履歴を残すことにしました。1級です。

2016年度第3回
==================
R: 21/41 (12,4,5),642/850
L: 20/27 (7, 8, 5, 0),678/850
W: 17/32,588/850
T: 58/100, 1908/2550
感想;トータルで100点なのは便利です。正答率58%
==================

2017年度第1回
==================
Ringo
R: 13/41 (7,2,4),608/850
L: 17/27 (8, 6, 3, 0),652/850
W: 20/32,625/850
T: 50/100, 1885/2550
感想;ライティングは上がったけど、まだまだだ。
==================
勉強せずに受ければ、当然下がります。

6月24日に加筆
スポンサーサイト
[ 2017/06/19 19:28 ] 英検 | TB(-) | CM(0)

2017年5月結果

5月はこんな感じでした。
495-430-925
リーディング下がった原因は、思い当たりません。
それにしてもこれで11回連続リスニングの下一桁は5。
目指せ巨人。
6月は1回休みなので、7月へ向けていきます。

ということで、下は今までの結果一覧。
IP (2010,1)355-350-705
154(2010,5)340-365-705
162(2011,5)380-320-700
170(2012,5)430-360-790
175(2012,11)375-360-735
IP (2013,5)395-390-785
181(2013,6)415-375-790
IP (2013,7)375-370-745
183(2013,9)395-370-765
IP (2013,10)395-380-775
187(2014,1)415-385-800
188(2014,3)430-400-830
190(2014,5)440-405-845
IP (2014,7)445-410-855
IP (2014,10)415-395-810
194(2014,10)455-425-880
196(2014,12)445-410-855
197(2015,1)430-415-845
198(2015,3)440-390-830
IP (2015,9)460-415-875
ここまでで公開13回、IP7回
IP (2016,3)490-415-905
209(2016,4)475-430-905
210(2016,5)470-430-900
211(2016,6)465-440-905
212(2016,7)445-440-885
213(2016.9)465-450-915
214(2016,10)485-450-935
215(2016.11)495-430-925
216(2016,12)495-415-910
IP (2017,1)495-470-965
217(2017,1)485-465-950
219(2017,4)495-445-940
IP (2017,5)485-460-945
200(2017,5)495-430-925
ここまでで公開11回、IP3回
合計して
公開テスト24回以上、IP10回。
SW
(初回紛失中)130-170
(2012,11)150-150
(2013,6)130-170
(2014,5)130-170
(2016,4)140-150
(2017,4)140-160
[ 2017/06/12 12:28 ] TOEIC | TB(-) | CM(0)

2017-1 講評 1級

昨日、英検受けてきましたので、その感想です。

◆ライティング (?/32)

◆リーディング(13/41)
[1]語彙 (7/25)
今回は4肢ともわからないのが多数
[2]長文空所(2/6)
いつもと同じ感じです。
[3]長文内容(4/10)
(32)を解いたときに、2を見た瞬間に分かったので、読めて解ける感覚とはこういうものかとわかったものの、(33)以降はそういう感覚発生せず。

◆リスニング(17/27)
[Part 1]8/10
[Part 2]6/10
[Part 3]3/5
[Part 4]0/2
TOEICでも最近不調なため、そうかなあと思ったらやはり下がっていた。

【全体的に】
ライティング点数分析のため、下書きしてから答案にコピペしました。考える時間25分、コピペ15分。意外とコピペ時間かかります。
[ 2017/06/05 20:49 ] 英検 | TB(-) | CM(0)

備忘録 2017年1月英検結果

本日、英検を受ける前に、前回の結果を残しておこう。
スコアシートは紛失中であるが、メモ帳には残しておいたのでよかった。
もはや今日のブログはメモ帳化しています。

1級
==================
R: 21/41 (12,4,5),642/850
L: 20/27 (7, 8, 5, 0),678/850
W: 17/32, 588/850
T: 58/100, 1908/2550
==================
[ 2017/06/04 08:13 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

微分と積分

OjiMさんのブログで integral (形)必要不可欠の というのを話題にしていましたので、関連しまして微分積分の話をすることにします。

まず、微分積分は文系にしろ理系にしろ避けては通れない分野です。なぜなら、必ず入試に出るからです。しかも、たいてい関数とセットになって出てきます。

で、大学の時も偏微分まではやっていたのですが、その時までの経験を踏まえるとこんな感じです。
微分=曲線の傾きを求める道具
積分=曲線で固まれた面積を求める道具

で、なんか定義だけ見てれば関係なさそうなのですが、表裏一体となっています。

たとえば、円の面積πr^2をrについて微分すると2πrになり、これはまさしく円周を求める式になります。

rよりもhだけ大きいr+hの面積、すなわちπ(r+h)^2からπr^2をひくのだが、だんだんとhの値を小さくしていく感じです。

この感覚、円よりも球の方が分かりやすいので、球で考えてみます。

食べ物で言えば、当然厚皮饅頭よりも薄皮饅頭の方がおいしく、究極なのはアンが透けるくらいの薄皮饅頭です。薄皮饅頭の体積からアンの体積をひくと残ったのは薄皮の部分、つまり薄皮の表面積ということになります。

ということで、私は覚えやすい球の表面積4πr^2だけ覚えて、球の体積を知りたいときは積分して求めています。
ちなみに、球の体積は(4/3)πr^3です。

多分中学生はまともに円の面積、円周、球の体積、球の表面積の公式を暗記することになるのですが、年を取って微分積分の知識が身に着けば、それぞれどちらかだけ覚えておけば、あとは応用で求めることができます。

高校数学でもこういうこと教えたらいいのにと思うところです。
[ 2017/06/03 21:26 ] 国外の出来事 | TB(-) | CM(0)
プロフィール
天気やらTOEICやら、てきと~。

Ringo

Author:Ringo
自称地域版TOEICer(2015/06/06)かつ天気が好きな人
2015年7月11日、リンク先を追加し、とりあえず正式運用です。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -