今日も飲みですか

A:今日も飲みですか
B:はい。CさんとDさんと飲んでました。
というチャットをしてたのですが、ふと、この「はい」が重要なのではないかと気が付きました。

「はい」がなければこんな感じです。
A:今日も飲みですか
B:CさんとDさんと飲んでました。

意味は通じますが、TOEICとしては×でしょう。Bを成立するにはこうでないと。
A:誰と飲んでました。
B:CさんとDさんと飲んでました。

Bさんの会話には「はい」が省略されていたかもしれません。けど、TOEIC的には2択の場合はいったんそれを
うけとめないといけません。たとえ距離のある解答だとしても。

なので、はい、いいえ、どちらでもない、は2択の解答では必須なのです。

ということで、TOEICerは飲んでいるときもTOEICのことを考えています。

スポンサーサイト
[ 2017/03/15 22:34 ] TOEIC | TB(-) | CM(0)

本日は休みです

2016年4月から連続受験していましたが、勤務日のため記録が途絶えました。

仕事は午前中で終わりましたが、試験会場が近くにない回のため無理です。

現在13時15分、Part2の最中です。なんか本来いなければいけない試験会場ではなく自宅にいるのは不思議な感覚です。

似てる感覚と言えば、平日に取る有給休暇で、自宅で休んでいる感じ。

4月は受けます。
[ 2017/03/12 13:20 ] TOEIC | TB(-) | CM(0)

高校入試の時期ですか

都道府県によって違えど、多くの合格者を出す高校入試は今の時期でしょう。
昔と違い、場所によっては後期試験や、それ以上にチャンスを与えているところもあります。

都道府県のホームページによっては問題と解答を載せているところもありますので、のぞいてみました。

興味があるのは英語ではなくて数学と理科の気象問題。年がたっても解けるので楽しいです。
まあ、対頂角とか弦や弧は聞けば意味は思い出せますが、空欄になっていて書けとなるとできないです。
あとは、そうねえ、球の体積の公式とか、まあこれは球の表面積は覚えてたので積分して何とか作り出せます。

それにしても、解き方は分かっているのに文章を間違って読み失点した問題が15点分もありました。
例えばこういう問題でミスです。
・底辺が5cmの三角錐で底辺以外は8cmと書いているのに、勝手に全ての辺が5cmの三角錐と思ってしまう。
・問題文でBからCまでの距離を聞いているのにAからCの距離を答えてしまう。
・金額大きいお金の問題で、計算の簡略化のために語尾の0を消して考えていたら答えも0を抜かしたまま。
もったいないのは解き方は正しいのに答えが違うということです。○付けしてるとびっくりします。

TOEICでもありそうですね。
・話し手なのか聞き手の問い
・次に何するかの問いなのに、数時間後にやりそうなことを答える
・依頼人なのか業者側なのか混乱する

皆さんも思い出のある都道府県の問題を覗いてみてはいかがでしょうか。
[ 2017/03/09 20:35 ] 日本での出来事 | TB(-) | CM(0)
プロフィール
天気やらTOEICやら、てきと~。

Ringo

Author:Ringo
自称地域版TOEICer(2015/06/06)かつ天気が好きな人
2015年7月11日、リンク先を追加し、とりあえず正式運用です。

カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -