コロケーション 昨日の続き

教科書の練習問題を先読みしてたら、便利なコロケーションを8つ見つけたのでまとめてみます。

【単語】
target market 目標市場
channel of distribution 流通経路     channel of aquisition入手経路
differentiate itself from the competition それ自身を競争相手と差別化する
controllable variables  controllable variableで管理可能変数 ※テキストは複数形でした
supply chain 供給プロセス
USP (Unique Selling Point)  独自のセールスポイント
end user 末端利用者・最終利用者
premium pricing strategy  premium pricingで割増価格設定

【文章】テキストのコピペです.
It is necessary to define the target market so that we can communicate the benefits of the product to these people.
An important part of getting the product to the customer at the right time and in the right place means we must decide on the best cnannel of distribution.
It is essential for a successful brand to be able to differentiate itself from the competition.
As companies can decide for themselves how to use the 4Ps they are considered controllable variables and are an important part of the marketing strategy.
Product move along the supply chain and finally reach the people who use the product so everything must go smoothly.
The USP, or special feature of the product, must be communicated to the people we want to reach.
An important par of our marketing strategy is to ensure that the end user is satisfied with our product.
A premium pricing strategy demonstrates that our product is of very high quality.

出典:Rosenberg, M. (2012). Cambridge Business Advantage Intermediate. Cambridge:Cambridge University Press
出典修正しました。ちなみに41ページです。
スポンサーサイト
[ 2016/01/27 18:43 ] TOEIC | TB(-) | CM(0)

可算名詞のまとめ

CambridgeのBusiness Advantage Intermediate(B1レベル)がビジネスのクラスの教科書なのですが、その中に可算名詞などをまとめているところがあったので、ちょっと引用します。

可算名詞
department, pay rise, factor, complaint, relationship, policy, qualification, bonus, opportunity, colleague
不可算名詞
motivation, productivity, praise, time, teamwork, career, job satisfaction, growth, annual leave, management
可算名詞につくもの
a few, few, several, many, a large number of
不可算名詞につくもの
a little, little, much, a great deal of, a huge amount of
どちらにもつくもの
some, most, enough, a lot of, plenty of, all
[ 2016/01/26 16:48 ] TOEIC | TB(-) | CM(0)

TOEICゲーム その1

TOEICゲームを開発しましたので紹介します。2名以上集まったらやってみてください。
用意するもの
Part2のスクリプト30問を人数分別用紙で。あとは、各自点数記入用の紙と鉛筆。

ケース1 2人だけの場合
各自1セット30問を持っています。まずどちらかが、 No 11. What ----? (A) --- (B) --- (C) ---   といいます。つまり、ナレーターが言っているようにいいます。そこで相手は (B) とか (C) とか言います。(C) を言う前に相手が言って正解すると2点、言った後に正解すると1点ですが、 (C) を言う前に言った場合、解答を変更することはできません。なお、もう一度聞きたい場合は、もう一度言わせることができます。それで正解しても1点です。今度は出題者が解答者になります。あとは繰り返しです。

ケース2 3人以上の場合
ケース1と同じですが、今度は相手より先に答えを言って正解した場合2点になります。あとは同じです。時計回りに出題者が変わります。

カスタマイズ
いちいち交互に言うとかったるい場合は、5問とか10問とかパックで行ってもいいかと思います。また、時間がないときは30問中好きな問題20問を抜粋して行ってもいいでしょう。

利点
・早押しクイズのようにゲーム性がある。
・出題者は、いつもよりは丁寧にけどナレーターのように早く言いたくなる。
・たとえ間違ったとしても、心の中で出題者の発音が悪いからだと思うことにより、精神的に落ち着くことができる。
・結構英語をしゃべることになるので、知らないうちに口に筋肉がつく。
・例えば3人でやったら90問消化することになる。

私はTOEICのことを知らない中国人とやりましたが、盛り上がりました。ただ、1時間経過したころから集中力が落ち始め、最初の単語を聞き漏らす場合も出てきました。

ぜひ、やった感想をお聞かせください。
[ 2016/01/25 17:08 ] TOEIC | TB(-) | CM(2)

be responsible (for / to)

take responsibility と聞くと for を選びたくなりますが、to もあり得るので要注意。

Teachers should be responsible for students. (強い for 弱い)
Students should be responsible to teachers. (弱い to 強い)

ちなみに
take responsibility of ~  ~の責任を取る
もあります。

Part 5の品詞問題やPart 7 で出そう。
[ 2016/01/19 02:35 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

take it for granted

TOEICerのみならず、高校生も知っているおなじみの表現。

最初はありがたく思っていてもいつ知らず、当然のことと思ってしまいます。
・蛇口をひねると飲み水がでてくる
・朝食を食べることができる
・テレビ見て笑うことができる
などなど、貧しい国に行くとこれらのことは難になります。

で、今はこれ
・外国で英語の勉強ができる

帰国まで3か月を軽く切ってしまいましたので、ちょっと生活を見直しています。
[ 2016/01/11 18:59 ] TOEIC | TB(-) | CM(0)

留学経験から

TOEICを200問解いているのですが、どうも文法の出来がよくない。38問は取りたいところ。どうしたらとれるようなるのか考えたところ、こういった経験を思い出しました。

あれは私が留学してた時の話。私の通ってたところはTOEFL(紙版)で530点取らないと授業料不徴収にはならないのに、留学前の3月時点の点数は510点でした。取れる保障のないまま5月に旅立ち、9月の正規授業開始までに点数に達しなければ、膨大な授業料を払ってまで交換留学するかはたまた帰国するかのどちらかでした。

特に対策をしないまま試験1週間前を迎え、このままだと点が取れない気がしてましたので、焦り始めました。その時に、大学院の方が私にバーノンのTOEFLの本をプレゼントしました。たぶん、急にやって伸びるのは文法だと決めてましたので、6月の試験前の1週間は文法だけやってました。わからない語句の意味を調べるまでもなくただひたすら解答の暗記です。最後には1問あたり5秒以内で解けるようになりました。何十回回したかわかりません。

それで迎えたTOEFL。結果は337点でした。文法が53から63に伸びていたことを覚えています。あとは伸びていませんでした。

ちなみに、7月に試しにもう一度受けたら53に戻っていまして、合計点もいつも通りの510点でした。

これを踏まえて、現在ある文法の本1000400問を極めることにしています。前回と違い、判らない単語の意味も確認していますし、解答根拠も考えています。そうすることで、即効的に上げた後でも、持続するのではないかと思っています。予定では37問くらいまではいくようになるのではないかと思っています。

とりあえず、この方針で12月末からやっています。私が受けるのは2月か3月ですが、その前に何回か模試解いてこのやり方が私に会っているのか確認してみます。
[ 2016/01/10 17:03 ] TOEIC | TB(-) | CM(0)

milk tea

つい最近、飛行機に乗った時の話。
ミルクティーがほしかったので、milk teaと言ったら出てきたのがmilkでした。

こういうことにならないために次回からしたいのが以下の2点ですね。
【その1】
くたくたに疲れていても、milk tea, please. とpleaseを付ける。そうすることによって疲れててもteaまでは聞き取ってもらえるだろう。
【その2】
tea with milk 言う。複合名詞の法則を利用。milkが聞こえなかったら、with what?みたいに聞かれるだろう。

自分でも気が付いているが、ミルク ティー
みたいにしかもすっげー日本人ぽく言っていたので、次回からは気をつけねば。
[ 2016/01/06 13:52 ] 国外の出来事 | TB(-) | CM(2)

Happy new year!

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

今年の目標はこれにしました。
「新々TOEICほぼ連続受験」

地方に住んでいるため受験会場が近くにないこともありますが、今年はできるだけ受けることにします。
あと、なぜ新々にしたかというと、そのころには確実に日本に戻っているし、生活も落ち着いていると思うからです。

で、受験し終わったら受験の感想を投稿したいと思います。これはやってみたかった。
「ほぼ」とつけたのは、明らかに自分に対する甘えですが、どういったときにTOEICよりほかのことを優先するのか調べてみたかったというのもあります。

TOEICに関していえば、早いとこ日本に帰りたい。

ちなみに、冠詞つけないことは去年調べてわかったのですが、さっそく忘れてしまったので再度調べました。また、来年も忘れそうなので1月1日は調べていると思います。TOEICでは出ないし、入学試験でも聞かれないけれども、知っておくべき知識の一つだと思います。

でも、出るとしたらこんな感じかしら。
【Part 5】 101. ( ) New Year!
(A) A Happy
(B) Happy
(C) The Happy
(D) The happiest

【Part 2】 11. Happy New Year!
(A) Happy New Year!
(B) So do I.
(C) Your new house is near here.
[ 2016/01/01 13:40 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)