夕立は夕方ですが、

こちらは本日、朝に集中的に雨が降りました。10分ほどとてつもなく雨が降ってやみました。
昨日は、夕方に10分ほど強い雨が降ってやみました。

どちらもやんだ後にはうっすりと青空です。

局地予報が難しい国です。その割には、降水確率が1%刻みで表現されています。

ただなあ、通勤というか通学前の土砂降りはやめてもらいたい。

久々の天気の話題でした。
スポンサーサイト
[ 2015/07/29 19:06 ] 天気 | TB(-) | CM(0)

シドニー行ってきました

この週末、シドニーに行ってきました。
で、オペラハウス見てみましたよ。日本語ガイド付きで。それで、行ったら今度は実際に演じているところを聞きたくなったので、また行くことにします。

シドニーには紀伊國屋さんも入っていまして、久しぶりにTOEICの本を見ました。買うのは我慢しましたが、シドニーに行ったら寄ってみることにします。

あと、シドニーに行く方にお知らせですが、オペラハウス近くの植物園も図書館も10時30分からがツアーガイド開始なので、一挙に見ることができないことがわかりました。私は植物園に10時45分に着き、あきらめ、図書館に行ったら図書館でもあることに気づいたというぐだぐだな旅行でしたので、どちらも無理でした。

けど、オペラハウスは大体1時間おきくらいにガイドやっていますので、ぜひ立ち寄ってくださいね。
[ 2015/07/26 19:00 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

次回こそは反撃するぞ。

他国の人と文法問題を解いていると新たな気づきがあります。

以下の(   )に入るのは、showedかtoldか
I ( ) him a ticket.

当然前者で、後者は入らないです。なぜならばチケットを話すことはできないから。日本語でもチケットを話すと言ったら意味不明ですね。チケットの内容を読み上げる場合はどうするのとは思いますが、その場合は、
I told him a content of ticket.
になるのかなあ。でも、そんなまわりくどいいことは言わず
I showed him a ticket.
で済むような気がする。

で、隣の席の人は私にtoldが正しいことを説得にかかるわけです。チケットに書かれてることを話さないと、次の文につながらないでしょと言ってきます。で、あなたのここが違いますよといっても相手方は、自分が絶対正しいと思っているので水掛け論のまま先生の言う回答を待つことになるのです。明らかに私が正しいのに相手の意見に説得力をもって反論できないのが悔しいので、次回、明らかに私が正しく相手が間違っているときはビシバシ反撃にかかろうと思います。
[ 2015/07/22 17:48 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

早速、非公開に会う

前回のブログで、高校入試の評論について言及したので、1,2問解きたくなり、ある県の問題を検索したら、長文に関する問題は非公開になっていました。

センター入試で著作権について問題があったのは知っていたのですが、高校入試も非公開になっただなんて。

昔は掲載されていたのになあ。

けど、日本の首都はどうかなあと思ってみてみたところ、問題文が公開されていたし、そのうえ評論の設問中5問のうち4問は4択なのでTOEICみたいです。文章も、日本の「美」に関する内容だったので興味を持ちながら読めました。
[ 2015/07/20 17:20 ] TOEIC | TB(-) | CM(0)

高校入試の国語

大学の時に、バイトで中学校3年生に国語を教えていました。国語はものすごく苦手だったのですが、昔から人に教えることによって自分の知識が強固になることは知っていましたので、教えていました。生徒の前では、苦手なことは隠していましたので、もぐりの国語の先生と思われないよう、漢字の読みは徹底的に調べ、さらに書き順も一から覚えなおしました。

センター試験と違って、県立高校の国語の入試問題は下手くそな著者が書いたものを題材にしたものは取り扱いません。難しい語句も使われていません。しかし、よく間違えていました。これはつまり、読めていない証拠になります。

教えるのは楽でした。よく現代文ってどう教えたらいいかわからないということを聞きますが、私の場合は間違いがそこそこありましたので、「こう考えてるとこうやって間違えますよ」というのを多く示すことができました。

TOEICのパート6・7をやたらと間違える人は、ひょっとしたら私立ではなく公立の高校入試の国語を解いてみるといいかもしれません。たぶん各都道府県で問題の癖はありますが、1つの大問につき10分から15分が解く目安かな。で、意外なことに数年前にA県で出されたものが、B県で出されたりもするのですが、1年につき47件問題があるからピンポイントでリサイクルにあう確率はTOEICより低めですね。
[ 2015/07/19 10:45 ] TOEIC | TB(-) | CM(2)

採点基準不明

昨日のことですが、中間試験のライティングとスピーキングの結果が返ってきました。
20点満点で
ライティングが16.5点、スピーキングが16点です。
で、平均点はわからないので、なんとなく周囲を見たところ、16点から17点のところに落ち着いているようです。

なので、まあ可もなく不可もなくといったところでしょうか。
それにしてもなんかなあ、適当に書いても一生懸命書いても16点から17点の間に落ち着いているような、まあ、採点基準わからないので、次回からは点数は気にせず、書きたいことを書き、言いたいことを言うことにします。
[ 2015/07/17 14:33 ] 中間試験対策 | TB(-) | CM(0)

とりあえず試験終了

うちの学校、約4週間ごとに試験があります。それはそれで、復習というインセンティブを受けられることに感謝していますが、やはり試験はつかれます。
ちなみに、ライティングとスピーキングのお題はこれです。

ライティング:忘れたい大失敗について150字程度で論じなさい。
スピーキング:今までした大冒険と今後考えている大冒険について3分間話しなさい。

はっきり言って、こんなかなり個人的な課題は英検にもTOEIC SWにもTOEFLにも出ません。

スピーキングはまだ許せるが、大失敗について論じるとはどういうことか。書くならわかるけどどうしたら論じることができるのか。結果が楽しみです。
[ 2015/07/15 18:38 ] 中間試験対策 | TB(-) | CM(0)

日本は今週台風かな

 どうも今週は台風が日本に来そうな予報となっています(7月14日現在)。
 で、台風予報はどこのチャンネル、ネットをみても同じ内容になっていますので、基本的に見比べても違いはありません。気象予報士によって進路予測が違うのではと思うかもしれませんがそんなことはありません。
 なぜなら、気象予報士といえども独自の進路予測はできないことになっています。独自で出すと気象業務法違反になります。理由は簡単。仮に10人気象予報士がいて10人独自の別々の予測を出したら、困るのは視聴者だからです。それだけ台風の進路予想は重要な情報。私たちにできることは最新の情報を得、災害に備えることです。
[ 2015/07/14 14:56 ] 天気 | TB(-) | CM(0)

極端な表現

覚えておくと長文読解で役立つかも。むろん書くときは右側を使いますが、明日は筆記試験なので左側を覚えています。

huge : very big
tiny : very small
hilarious : very funny
gorgeous : very beautiful
hideous : very ugly
tedious,dull : very boring
fascinating, gripping : very interesting
vital : very important
boiling : very hot
freezing : very cold
starving : very hungry
ridiculous : very silly
athletic : very sporty
major : very big and important
minor : very small and unimportant
irate, furious : very angry
infuriating : very annoying
the latest : very modern
ancient : very old
depressed, miserable, dismal : very sad
optimistic : very positive
pessimistic : very negative
excellent : very good
terrible, appalling, ghastly : very bad
exhausted : very tired
terrified : very afraid
terrifying : very scary
horrified : very shocked
astonished : very surprised
delighted : very happy
bizarre, weird : very strange

どうも infuriating が覚えにくい。語呂合わせ募集中。
例えばこんな感じです。ヒラリーさん面白いねえ。(hilarious , funny)
[ 2015/07/13 14:49 ] 中間試験対策 | TB(-) | CM(1)

忘れないうちに ロンリの事例

今日、友達の中国人とこういう会話しました。
中:今日の午後、インドネシア人とお茶したんだ。
私:へえ、2人で行ったの。
中:そうです。
私:で、そのインドネシア人、英語話せるの。
中:英語話せるよ。なぜなら、インドネシア語と英語って似ているから。単語も似ているんだよ。
私:へえ、似ているんだ。

とごまかしておきましたが、まてよ、インドネシア語と英語が似ているからという理由だけでは英語話せないだろう。
以下が、考えた反論
反論1:ということは大半のインドネシア人は英語話せるんだ。
反論2:そのインドネシア人、どのくらい英語勉強したか知ってる?

冷静に考えて、私が中国人だったらこう答えていたかな。(インドネシア人でも話せない人がいることを仮定しての話)
中:英語話せるよ。なぜなら、インドネシア語と英語は似ていて、特に単語も似ているから抵抗なく学習でき、話すときにも単語に苦労することないんだ。

論理は武器になります。ここで反論すると国際紛争にもなりかねないので、反論はしないでおきました。今回の中国人の会話は、理由が飛躍したから起こった、いわゆる、説明不足が原因だと考えています。

よし、これで寝れる。
[ 2015/07/12 20:22 ] TOEIC | TB(-) | CM(0)

ロンリのちから シーズン2

前置きしたうえでも、女性に対し「男性はあなたのことが嫌いです。」と言って嫌われているRingoです。
たぶん、男性に対し「女性はあなたのことが嫌いです。」といっても嫌われるかと思いますが、試したくないので誰か試してみてその後の反応をお聞かせください。

さて、今日は論理にはまっている方にお知らせ。
NHKで「ロンリのちから」シーズン2が始まっていました。(シーズン2という名前は私が勝手につけています。)

ついこの間第14回目が終わったみたいなのですが、まだ間に合います。追いつけます。しかも再放送も予定されています。
さらに、さすがのNHK。太っ腹です。なんと見逃してもNHKのウェブサイトですべて見られます。(2015年7月11日現在)
はっきりいって視聴率度外視です。

セリフが日本語でも公開されているので、日本人でも見たほうがいいです。なぜって。それは見ればわかります。10分番組ですが20分も30分も内容把握するのに時間を要することがあります。
[ 2015/07/12 06:56 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

意外とリンク貼るの簡単でした

約束通り7月中にリンク貼れました。(まあ、ゆるゆるの目標でしたので。)

意外とボタンを押すだけで貼れることがわかりました。ということで、もう少し増やしていきますか。
[ 2015/07/11 18:39 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

hasty generalization

私の好きな言葉の一つ。
早まった一般化という言葉の響きも美しい。

日本にいたときに、相手に三段論法を確認させたうえで、考えさせると、数名に聞いたものの、誰も答えられなかった。
「確認ね。A=B、A=C、B=Cはいいよね。
じゃあこれはどう。
A:ペンギンは鳥。
B:ペンギンは飛ばない。
C:よって、鳥は飛ばない。」

最終文に違和感を感じるものの、その理由は答えられなかった。

同じ問いを、ニュージーランドの学生にしてみると簡単にこう答えた。「けど、窓見ると鳥飛んでるよ。」
おー、なるほどと思った。私が用意した答えは、「ペンギンは具体例でそこから一般化できない」といったものだった。

多くの日本人は、「普通に鳥は飛んでるけどなあ、けど鳥は飛ばないに反論できないなあ。」と思っているだろう。さらに、もう少し深く考えて「普通に鳥は飛んでいる。窓見れば実際にカラスが飛んでいる。けど、AもBも正しい。なぜだろう。」と考えた人もいるかもしれない。

実に惜しいところまで来ている。反論を考えているのにそれを反論と思っていないところに日本人の弱点がありそうである。
[ 2015/07/08 19:00 ] TOEIC | TB(-) | CM(3)

久しぶりに英語喉をやってみる

上川一秋・ジーナジョージ著「英語喉50のメソッド」

何年か前に、VOZEさん主催の毎日英語喉をやる会(正式名称はもう少しかっこいい、けど忘れた)に参加して以来、ほったらかしにしてましたので、このたび、取り出してみました。やっぱりこの本、いけるかもしれないということで、昨日からですが、毎日練習に取り入れることにします。

やってよかった点
・リエゾンがやりやすくなりそう
・今までの読み方と英語喉を練習してからやった後のtimed readingでも差がないので、英語喉のほうがいいと思う。
 (今までの読み方だと、ピリオド無視して無理やり早くして読んでいた。)
・自分で言ってなんだが、英語っぽく聞こえる
・英語喉の後で日本語を話すと日本語に違和感を覚える(まあここの生活で日本語話す機会そんなにないから)

追伸:
 右側のリンク欄には7月下旬までに最低1件は掲載します。(たぶんクリックするだけでできそうなのだが、最初の一歩が相変わらず重い。)
[ 2015/07/07 19:04 ] TOEIC | TB(-) | CM(0)

Ave Maria

だいぶ前に2年半ほど声楽をやっていたことがあるので、時々イタリアの曲を聞きたくなることがあるので、本日は数ある好きな曲から一曲を紹介します。(One of my favorite songsということになります)。

Ave Mariaですが、モーツファルトでもシューベルトでもなくカッチーニのAve Mariaです。(学説ではカッチーニではないんじゃないかという意見が出てきていますが、現時点ではカッチーニ作になっています。)

曲のポイントはただ一つ、歌詞がAve Mariaしか出てこないということです。つまり、イタリア語全く知らない人でも100%意味を把握できる歌です。その分、歌う人はすっごく苦労する曲だと思います。表現力が特にものをいうことになるからです。

日本人で、高校で音楽とってきた人が、大学で声楽をやった時にまず言われそうなのが「その歌い方はつまらない」と言われることです。音程といいリズム感もものすごく完璧なんですが、何を考えて歌っているのかが全く分からない歌い方です。たぶん、楽譜どおりに正しく歌う歌い方が正しい歌い方だと思っているのでしょう。確かに、それは正しいのですが、そこで終わりではなく、表現力というところまで到達して歌は完成するのです。

ということで、Prideのテーマソング並に好きな曲の紹介でした。(最初に1つ紹介すると言っていながらこれだと2つ目じゃないか。)

ちなみに、私は、コールユーブンゲンも全部はやらず、大学の声楽も途中から履修したのでコンコーネ50番のうち15番目始めたという変わった経歴(15番から50番、そして1番から20番まで履修し卒業)で、そのため、音はすご~くずれていましたが、表現力はあったようなので、2年半生き延びることができました。
[ 2015/07/04 21:47 ] 国外の出来事 | TB(-) | CM(0)

久しぶりに多忙

本日のスケジュール
8:00-8:30 授業
8:30-9:30 留学生担当警察官による講和
9:30-11:00 授業
11:30-13:30 授業
13:30-15:00 留学生につかまり英語で会話
15:30-16:00 英語母語の人と会話
19:30-22:00 オペラ鑑賞
22:40-23:10 帰宅及び融合はん
23:59 ブログ作成
以上
[ 2015/07/03 21:00 ] 国外の出来事 | TB(-) | CM(0)

Part5対策 名詞にするべきか形容詞にするべきか、それが問題だ。

タイトルは何年か前のチャリティーTOEICセミナーのTEX加藤先生担当分をかなり引用しました。気に入っているので、今後も使いそうです。

前置きは置いておいて、今日、こんな問題を解きました。
You also find some form of exercise (enjoyable / enjyoyment).

※文章はテキストのものを入れ替えして作成してあります。

で、隣の席の人がenjyoymentを選択し、enjoyableが違う理由を説明していました。今となったら、どのように正解を誤答として説明していたのか聞いていればよかったのですが、その当時思ったのは、いかにその人を正しい解答に導こうかということでした。

それでその人にこんな質問しました。これだったらどっちを選ぶと。
You find it (interesting / interest).

これはすかさず正解を選んでいました。そこで、interestingもenjoyableも同じ形容詞だよねと。これで正解に導き出せました。

で、この時思ったのが、私自身も形容詞か名詞かで迷ったときに、同義語にこだわらず知っている対になる名詞と形容詞を思い浮かべどちらが入るのかと考えることはひょっとしたら正解に近づく一歩かもしれないと。ということで、わからない問題が出てきたらhappy,happinessあたりに置き換えて考えてみることにします。うまくいくかはわからないので、今後実験してみます。



[ 2015/07/01 16:58 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)