文章校閲達人

仕事でですが、ここ1か月、Wordにして6ページに当たる文章の校閲を60本行いました。去年も同じ時期に同じ仕事していました。ということで、今年は楽勝だと思いましたが、目が肥えてしまったようで、去年よりも丁寧に見てしまいました。

見て感じたのですが、見本の書き方が配布されているというのに無視して書いているという点です。その次に多いのが、一文が異様に長いので何を言っているのか不明なものもありました。長くなればなるほど、主語と述語が離れるので、つじつまが合わなくなってくるんです。一番最悪なのが、これ、書き上げた後にまったく読み返していないでしょというものがありました。それは、1つだけでしたが、2倍時間かかりました。

大学のレポートって、他人のレポート引用したかどうかわかるとある大学の先生いっていましたが、なんでかわかりました。数こなしてみると、いいレポートと悪いレポートの差は愕然と出てきます。悪いレポートって、文表現が稚拙とか中身が薄いではなく、はっきりいって、何書いているのかわかんないんですよ。日本語書いているはずなのに。読んでて苦痛になってきます。

多分来年は同じ仕事こないでしょう。結構この仕事好きだったんだけれどもなあ。文章作成能力は付くし、速読になるし、自分に対する恩恵が大きすぎる。さらにこれで給与がいただける。2年連続の経験でなんか文章校正の達人になった感じがします。
スポンサーサイト
[ 2017/10/28 12:07 ] 日本での出来事 | TB(-) | CM(0)

後ほどコメント

TOEICの結果見ました。後ほど報告。
[ 2017/08/14 12:22 ] 日本での出来事 | TB(-) | CM(0)

いつの日か会いたい先生 中尾悟先生

今から約20年ほど前、河合塾系列の塾に通っていた。今でこそ映像授業が多いのだが、昔はまだ少なく、けど有名な先生の授業を受けられるということで受講していたことがある。その時の先生が中尾悟先生である。

中尾先生は英文解釈を担当していて、4色のペンを使いながら英文を解体新書のように解体していった。しかも、英文を日本語に訳しても違和感が全くない。さらに英語の教え方だけではなく、服のセンスもかっこいい。夏場は普通の半そでで登場することもあったのだがそれでもかっこいい。

ということで、ふと検索してみたのだが、現在はサテライト授業では登場しておらず主に、近畿で教えていることが分かった。もうちょっと露出があってもいいような先生であるのだが、共著で本が数冊あるだけで、個人で出している本はなさそうである。You Tubeで彼を探しても何も出てこない。

未だに、最終回の最後の話は忘れられない。「今こうやって英語を日本語にすることをやっているけれども、大学に入ったら必要ないから。」と。私が思う英文解釈の巨匠がそんなこと言っちゃっていいんですかと思った瞬間である。

まあ、私のブログは天気とTOEICに関する話題が多いので(最近は天気の話題は少ないのだが)、大学受験の生徒は見ていないだろうけれども、もし、偶然見てて今まさに中尾先生の英語を受けているのであればこう言いたい。彼の教え方は、ひそかにすごい英語の先生5本指の中に入ると、だから、ちゃんと授業で言われたようにやれば英語は伸びると。

また、機会があれば受けてみたいなあ。なお、その時のテキストは捨てられずいまだに持っています。
[ 2017/05/10 21:45 ] 日本での出来事 | TB(-) | CM(0)

高校入試の時期ですか

都道府県によって違えど、多くの合格者を出す高校入試は今の時期でしょう。
昔と違い、場所によっては後期試験や、それ以上にチャンスを与えているところもあります。

都道府県のホームページによっては問題と解答を載せているところもありますので、のぞいてみました。

興味があるのは英語ではなくて数学と理科の気象問題。年がたっても解けるので楽しいです。
まあ、対頂角とか弦や弧は聞けば意味は思い出せますが、空欄になっていて書けとなるとできないです。
あとは、そうねえ、球の体積の公式とか、まあこれは球の表面積は覚えてたので積分して何とか作り出せます。

それにしても、解き方は分かっているのに文章を間違って読み失点した問題が15点分もありました。
例えばこういう問題でミスです。
・底辺が5cmの三角錐で底辺以外は8cmと書いているのに、勝手に全ての辺が5cmの三角錐と思ってしまう。
・問題文でBからCまでの距離を聞いているのにAからCの距離を答えてしまう。
・金額大きいお金の問題で、計算の簡略化のために語尾の0を消して考えていたら答えも0を抜かしたまま。
もったいないのは解き方は正しいのに答えが違うということです。○付けしてるとびっくりします。

TOEICでもありそうですね。
・話し手なのか聞き手の問い
・次に何するかの問いなのに、数時間後にやりそうなことを答える
・依頼人なのか業者側なのか混乱する

皆さんも思い出のある都道府県の問題を覗いてみてはいかがでしょうか。
[ 2017/03/09 20:35 ] 日本での出来事 | TB(-) | CM(0)

恐るべし仮面女子と英検モニターとTOEIC

この間の土曜日は地元の人と会うことになりました。とはいっても地元の人が東京に行って会うという企画。

私の日程に合わせて2名の高校の同級生が遊びに来ました。

1時からは英検モニターはいっていましたので、3時に秋葉原で合流。2人は前もって秋葉原に来てまして暇を持てあわせていたことから、急きょ仮面女子という地下アイドルのライブに行くことになりました。(しかも無料)

いやあ秋葉原でライブ会場に入るだなんて思いもしなかった。中には200人はいたと思われる。ほとんどの人がノリノリで歌詞も把握している模様。まあ私たちは邪魔にならんところでなんとなく手拍子をするくらいであった。

わかったのは、すさまじく売れていないグループでも生演奏は面白いということである。私の職場の人が吉本に行って、知っている人あんまりいなかったけど面白かったという話を思い出した。やはり生に勝るものはないと思った。

仮面女子がツイッターでフォローしてねと言ったこともあり、登録したらばグループの一人からフォロワーが来たんで、英語だらけの私のツイッターには要所要所で仮面女子が載るようになった。

それにしてもコンセプトは謎のままである。なぜ仮面をして歌わなければならないのか。しかもその仮面はとったり付けたりが容易な構造になっているうえよく声が通る。(よく声が通るのは練習の成果でしょう。)きっと溶接工が欲しがるに違いない。

その後は2時間もんじゃ焼き食べ放題の船に乗り、次の日はハッカーズを解いたのである。

part7風にキーワードをちりばめてみましたんで、読者が少し増えることに期待。
[ 2017/02/07 20:23 ] 日本での出来事 | TB(-) | CM(0)
プロフィール
天気やらTOEICやら、てきと~。

Ringo

Author:Ringo
自称地域版TOEICer(2015/06/06)かつ天気が好きな人
2015年7月11日、リンク先を追加し、とりあえず正式運用です。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -